Warning: include(/home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-content/plugins/ad-inserter/includes/dst/languages/84899): failed to open stream: No such file or directory in /home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-includes/class-wp.php on line 819

Warning: include(): Failed opening '/home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-content/plugins/ad-inserter/includes/dst/languages/84899' for inclusion (include_path='.:/opt/alt/php74/usr/share/pear') in /home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-includes/class-wp.php on line 819

Warning: include(/home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-content/plugins/ad-inserter/includes/ace/135015): failed to open stream: No such file or directory in /home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-includes/class-wp.php on line 820

Warning: include(): Failed opening '/home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-content/plugins/ad-inserter/includes/ace/135015' for inclusion (include_path='.:/opt/alt/php74/usr/share/pear') in /home/c9712327/public_html/yokubarihoudai.com/wp-includes/class-wp.php on line 820
緊急時の連絡方法 | よくばりnavi

緊急時の連絡方法

こんにちは、yokubarikoです。

電話が通じない、通信できないという状態って本当怖いですね。

「当たり前にあるものがない」時の対応は普段から考えておくべきだと改めて感じました。

さて、今回は、つなぐをテーマに、もしものときの通信手段についてご紹介したいと思います。

家にWi-Fiがある場合や、公共のWi-fiが使える場合は問題ないですが、デジタル機器に疎い方は今回の障害はかなり大変だったと思います。

というのも、困ったらGoogle!困ったらTwitter!という方がそのツールが使えない状態なんです。

Wi-fiはあるけど電話できない時

利用されている方も多い無料通信アプリの「LINE(ライン)」の中に、「LINE Out(ラインアウト)」というサービスがあるはご存知ですか?

LINEを開いて検索BOXに「ラインアウト」、またはサービスのとこから探してみてください。

今後困らないように友達追加しておいてください。

この「LINE Out」が優れている点は、LINEを使っていない方や、固定電話にも電話をかけることができること。

契約中のキャリアに通信障害が発生した場合でも、使用できるんです。

使い方は、LINEOutの説明にある通り、広告を見るだけ。

もちろん、広告を見て使いたい放題ではなく、無料時間は国ごとに決められています。日本国内は固定電話なら1回3分までとありました。(2022年7月現在)

3分以上になれば、その後は料金が発生します。

また、110番(警察)や119番(消防)の緊急連絡はできないので注意が必要です。

家族の安否確認や連絡手段として利用できるレベルであることは覚えておきましょう。

また3分以上話す場合は、コールクレジットを購入するそうです。詳しくはLINEOutのページでご確認ください。

ちなみに、LINEOut使う場合で、一般の電話にかけるときには事前に設定が必要です。

まず、SMS認証。通信障害があるときには設定できないので、まずは万が一に備えて対応しておいたほうが絶対良いです。

①設定の仕方は、電話番号を選択する。

②広告を見て無料通話を選択。

③以下のような画面が出るから、広告を見て無料通話を押す。

④SMS認証の画面が出て、LINEに登録されている番号宛にショートメッセージサービスで4桁の番号が届くので、入力する。

初期設定はこれで終わり。

あとは、広告を30秒ほど見て、

画面にこれが出たら、

電話ができます。

1日当たり無料で通話できる回数があるみたいなので、優先順位を考えて使用しましょう。

Wi-fiもない、通信できない

残念ですが、この状態になったら、Wi-fi環境のない場所からどうにかできる方法はないですよね。

こういう場合は、通信障害が起きていないキャリアを契約してしまうのが早いです。ご自身が契約されているキャリアの復旧を待つのも1つですが、今やネット回線がない状態では不安に感じる、不便で仕方がない方が多いと思います。

新規で契約をするのはハードルが高い?

今は、格安SIMもありますので検討してみてはいかがでしょう。

コンビニ、家電量販店などでSIMカードを買う

購入したSIMカードを刺し直すだけなので、簡単にできます。現物のあるSIMカード(物理SIM)を指すと、スマホ側も設定について再確認をしてきますので、従うだけです。

eSIMを使用するまたは購入する

まずは、eSIM対象のスマホ端末であることが前提です。端末が対象外の場合もあるのでeSIM対象かどうかは確認しておきましょう。

また、契約をするには、普段から0GBで契約しておくか、通信障害が起きたときにコンビニや駅、カフェなど、とりあえずWi-fiが使えるところへ行って契約するかどちらかとなります。

物理SIMが必要ないので、通信ができる環境なら、すぐに契約ができます。

とりあえず電話したいなら公衆電話

アナログですが、電話したいならば、公衆電話を選択するのも1つだと思います。

公衆電話のある場所を日頃から確認しておきましょう。駅や学校、公園など、災害時に避難場所として利用される場所には置いてあるイメージです。

ちなみに、公衆電話は電子マネー対応していません。日頃から小銭、現金は備えておくべきですね。そして、小銭と言っても使用できるのは、10円、100円です。

また、100円は10円よりも話せる時間が長いですが、お釣りは出ません。

同じ100円でも、100円1枚よりも10円10枚で持っている方が、短い時間でも10箇所に連絡できるので◎。m

また、10円を追加すれば、使用できる時間も延長できます。

30代以上の方なら、家のどこかにテレフォンカードがあるかもしれないですね。テレフォンカードは今でも公衆電話で使用できます。

お持ちのテレフォンカード、一度公衆電話に通して使えるか確認して見るといざという時に安心だと思います。

まとめ

いかがでしたか。yokubarikoは、eSIMの必要性が分からなかったのですが、以前急遽必要になったことがあり、即時通信ができたことで、物理SIMにはない便利さを感じ今はeSIMも契約をしています。

想定外が起きたとき、人は、パニックに陥りやすい。対策を知っていれば、焦らずに対応できます。安心した状態だと、きちんと判断できますからね。

覚えておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました